わき毛の処理方法


みなさん、ワキ毛の脱毛ってどうしていますか。
自宅で処理をしている方も多いと思いますが、最も手軽にできる家庭での処理方法は、剃る、抜く、塗るという3つです。

自宅での脱毛剃るというのは、ワキ毛をシェーバーや剃刀などで皮膚より出ている部分をカットしていく方法です。
毛の断面が黒くポツポツと出てしまうことや、肌に刃物を当てるためダメージを与えてしまうことが欠点ですが、お風呂や室内で簡単にできるので最も利用している人が多いのではないでしょうか。

自宅での脱毛で抜くというのは、毛抜きや回転式脱毛器を利用して、毛根から引っ張って抜く方法です。
抜いたあとの毛穴が炎症してしまったり、埋没毛ができてしまったりするのが欠点になりますが、黒いポツポツが無くては剃るより綺麗に見えます。

自宅でのムダ毛処理で塗るというのは、除毛クリームや脱毛クリームを塗る方法です。
肌への刺激がかなり強いため、ヒリヒリしたり、炎症を起こしたりしてしまう場合も多く、徐々に減ってきています。

これらのワキ毛処理方法は、今まで一般的に行われてきたものですが、現在でもこの方法で自宅脱毛している人は、処理方法を見直したほうがいいですね。
家庭でのワキ毛処理方法も進化しており、家庭用脱毛器や抑毛ローションの登場により、肌への負担を軽減できるものが出てきているので、自宅で脱毛できる最新の情報とアイテムを入手しましょう。